<< 「五本指サンダル」 売れ行き好調 | main | 橋下知事「公務員のツケが来てる」 vs 労組強烈バトル!!…人件費削減めぐり激論 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

。。。。。。。。。 。。。。。。。。。
スポンサードリンク * - * * - * -

 日中の立場逆転となるか?  胡主席来日

ANA - モテるSE - 大人のにきび - 山のあなた - 水野美紀 - 動物園 - Perfume - レーシックで視力回復 - 浮気で離婚 - 古賀美岐 - 糖尿病 - ハードディスクがクラッシュ - Mac データ復旧 - Macオペレーターの仕事 - ハードディスクの修理 - Macデザイナーの募集 - 男ならゴールドカード - みんなのフィットネス - 外資系の給料 - 主人の浮気 - 二重になる方法 - 女は浮気する - メタボ脱出 - 中古マンションの相場 - 百日ぜき - モテ女の浮気 - Illustratorの講座 - 岩屋トンネル - 医師と結婚 - 浮気する夫





胡錦濤国家主席



胡錦濤中国国家主席の6日からの日本訪問は、これまでの中国首脳の訪日とは異なる意味を持つ。
江沢民前主席など従来の中国指導者は、歴史問題で日本側に謝罪を要求し、台湾問題で中国の立場への 支持を求め、経済協力を引き出そうとするなど、日本に要求することが多かった。「氷を溶かす旅」と称して 昨春訪日した温家宝首相も、あちこちに笑顔を振りまいたが、重要な目的は日本の首相による靖国神社参拝
を牽制(けんせい)することだった。

 しかし、国際情勢や中国国内状況の変化により、今回は異なる様相を呈しそうだ。首脳会談にいたるこれまでの 折衝で中国側は、日本側からチベット問題への真(しん)摯(し)な対応や、ギョーザ中毒事件で日本国民が納得 できる説明などを求められており、日中双方の立場が逆転したようだ。
 3月のチベット騒乱以後、中国当局による僧侶弾圧や報道統制などの問題により、国際社会で中国への 不信が高まり、北京五輪の開会式をボイコットする動きも出てきている。四面楚歌(そか)ともいえる外交環境のなか、 胡錦濤政権にとって今回の訪日は、外交の突破口を切り開く意味をもつといえよう。

 最近、胡主席は訪中する日本の政治家と頻繁に会い、そのたびに日中友好を強調、中国メディアも日本を 好意的に紹介する特集記事を連日組むなど、国民の対日感情を軟化させようとしているふしがうかがえる。
こうした配慮は、福田康夫首相との会談で友好関係を確認し、外交の成功を国内外にアピールしたいためとみられる。

 しかし、その一方で胡主席は、中国国内で高揚する民族主義にも配慮しなければならず、日本側から出された要望に、 前向きに応えることは困難とみられる。対日外交の成功をアピールするという目的を達成することは難しそうだ

JUGEMテーマ:日記・一般


。。。。。。。。。 。。。。。。。。。
iloveakiyo * 時事放談 * 09:40 * - * -

スポンサーサイト

。。。。。。。。。 。。。。。。。。。
スポンサードリンク * - * 09:40 * - * -
このページの先頭へ