<< ウィンドウズの設計情報公開 MS発表、業界の技術革新加速 | main | 道路特定財源はもはや不要 「維持」は経済理論のイロハも知らない議論 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

。。。。。。。。。 。。。。。。。。。
スポンサードリンク * - * * - * -

超高速ネット衛星「きずな」 23日夕に打ち上げ

頭皮のにおい - 医師の求人情報 - 盗聴器を発見 - お見合いパーティー - 浮気をやめさせたい - ハタチの恋人 - 生活協同組合連合会 - Mac ハードディスク復旧 - 妻の浮気 調査 - 不倫の証拠 - 別れさせ工作 - 箱根駅伝 - DTPの求人 - 下半身セルライト - DTPデザイナー - 女の浮気 - ガリレオ - ほくろの治療 - 狩野恵輔 - ホクロを取る - モテる仕事 - 交渉人 - 働く女性のダイエット - セルティック - ゆく年くる年 - デザイナーの転職 - 医師バイト - デコリエイト - サウスバウンド - THE HASHIMOTO TOWER



超高速ネット衛星「きずな」



宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが開発した超高速インターネット衛星「きずな」を搭載したH2Aロケット14号機が23日夕、種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げられる。

 打ち上げを担当する三菱重工業などは、約680人態勢で最終準備を進め、23日未明には、約30分かけて、ロケットを組み立て棟から約450メートル離れた発射台に移動させた。

 午前7時から最終カウントダウンを始めており、午後4時20分の打ち上げを目指している。

 きずなは、離島や山間部などの情報格差解消を目指して開発された通信実験衛星。開発費は約317億円で、静止軌道に投入後、7月から実験を始める。
 運用期間は5年。当初は15日に打ち上げる予定だったが、ロケットの燃料漏れで延期されていた。





「きずな(WINDS)」は、政府IT戦略本部の「e-Japan重点計画」に基づいて研究開発が行われているもので、現在、JAXAと独立行政法人情報通信研究機構との共同で開発が進められ、世界最高水準の高度情報ネットワークの形成を目指しています。

将来の情報ネットワークの更なる高速・大容量化を想定し、一般家庭でも超小型アンテナ(CS受信アンテナとほぼ同じ直径45センチ程度)を設置することにより、最大155Mbpsの受信及び6Mbpsの送信を、また企業等においては直径5メートル級のアンテナを設置することにより最大1.2Gbpsの超高速双方向通信の達成を目的としています。

さらに、国内インターネット網の超高速化にあわせた国際的なインターネットアクセスの超高速化、特に我が国と身近なアジア・太平洋地域の諸国との超高速通信の実現も目的としています。
「きずな(WINDS)」は、インターネット、教育、医療、災害対策、ITS(高度道路交通システム)などの各分野における衛星利用を推進する宇宙インフラ構想「i-Space」の中で、大容量データ通信分野の技術実証を担う衛星です。



「きずな(WINDS)」には、より快適な通信環境を実現する
最先端技術が満載
広域性・同報性・耐災害性といった衛星通信の特徴を活かして、IT社会で必要とされる高速大容量通信を実現するとともに、国内のみならず国際的なインターネットアクセスの超高速化、特にアジア・太平洋地域の超高速通信の実現を目指しているのも特徴です。高速インターネット網が行き届いていない地域の「デジタル・ディバイド解消」、いつでも・どこでも高度な医療を提供できる「遠隔医療」、離れた地点間の学校、研究者の交流を可能にする学術・教育分野での応用など、データ通信のより有効な使い道が現実のものとなっていきます。
。。。。。。。。。 。。。。。。。。。
iloveakiyo * お得な情報 * 10:13 * - * -

スポンサーサイト

。。。。。。。。。 。。。。。。。。。
スポンサードリンク * - * 10:13 * - * -
このページの先頭へ